読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

niño y niña -わくわく2人旅!-

大人でありながら子どもの心を忘れずに♪ 27歳 初バックパッカー 中南米 2ヶ月半の旅へ出発!!

イースター島博物館と最終日

2016年2月10日〜11日

モアイについてもっと知るためにイースター島博物館へ。
タハイ儀式村を超えたところにあります。
看板のとおりに山側から歩いて行くと、かなり遠い。

途中で、分からなくなり現地のおじいちゃんに聞きました。

が、スペイン語が通じない‼︎

でもmuseo(博物館)を聞き取ってくれて、あっちだよと教えてくれました。
みんなスペイン語を話せると思っていたのでびっくり!

イースター島では、ラパヌイ語が話されています。

ありがとう=マウルロって言うみたい。
ステージでの歌の後にみんな言ってた。

現地の学校ではスペイン語を習うのかな?
ラパヌイ語を習うのかな⁉︎


博物館はなんと無料でした!
全てのパネルの説明を日本語訳した冊子を借りられます。
それを見ながらゆっくりまわって1時間半くらい。
モアイの目が展示されていたり、モアイのことだけじゃなく昔そこで暮らしていた人々についても解説されています。

f:id:rosa23:20160302195936j:image

モアイについてはまだまだ解明されていないことも多いので、諸説ある解説をみながら想像を膨らませるしかありません。

f:id:rosa23:20160301033737j:image
この日も海を眺めてから帰ります。

途中で、現地の子供たちとすれ違う。
みんなサーフボードを抱えていたり、馬を操って移動していたり、技をこなしながら自転車に乗っていたり。
ここでは小さい頃からの遊びがこれだから、自然と上達していくんだろうなぁ。

f:id:rosa23:20160301033834j:image
最後の夕日を見に。

f:id:rosa23:20160301033918j:image


イースター島最終日もいつものように歩いて海へ。

f:id:rosa23:20160302193449j:image
人なっこい海ガメが近寄ってきます。

f:id:rosa23:20160302193754j:image
お昼ごはんは、エンパナーダとビール!
物価の高いイースター島でも、650チリペソ(約¥110)とビールはなぜか安かった!

f:id:rosa23:20160302193605j:image
Empanada de mariscos 
シーフードのエンパナーダ。
2500チリペソくらい(約¥410)。
大量の貝が詰まってます。
「海!」って感じの味(笑)

宿を出発する直前には、庭で採れたばかりのバナナをもらいました!
熟したバナナを採って食べるなんて滅多にできないね!と大喜び。
すっごく美味しかった。
f:id:rosa23:20160302194543j:image
バナナの木。

のんびりしたような、意外と忙しいかったようなイースター島
何もないけど本当にいい島でした。

イースター島からサンティアゴへの飛行機は野菜や果物など、生のものを持ち込めません!
余ったトマトや玉ねぎを取り上げられて、あげれば良かったーとショックでした。


応援ありがとうございます!
ランキング参加中です☆
良かったらクリックしていってください!!
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村