読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

niño y niña -わくわく2人旅!-

大人でありながら子どもの心を忘れずに♪ 27歳 初バックパッカー 中南米 2ヶ月半の旅へ出発!!

アタカマ 自転車で月の谷へ

2016年2月3日

San Pedro de Atacamaはチリで最も古く、小さな町。
f:id:rosa23:20160221211925j:image
アドベ(日干し煉瓦)造りの平屋が並ぶ町並みが落ち着いていて素敵です。

標高約2400m、1年を通してほとんど雨が降らない砂漠地帯で天体観測に最適な場所らしい。

ということでアタカマでのメインは星空ウォッチング‼︎


ツアーに参加することも考えたけど、自転車で「月の谷(Valle de la Luna)」へ行って帰りに星空を見ることに。

月面を思わせるような砂漠地帯が2㎞にわたって続く。
険しく刻まれた岩肌の浸食具合がクレーターのように見えることから「月の谷」と呼ばれています。

自転車は宿で借りられたので便利でした!

2人ではちょっと不安だから街で出会った2人も誘って。

f:id:rosa23:20160221212012j:image
16:30に町の中心、アルマス広場を出発。

そこから30分弱でチケット売り場に到着。
そこから何にもない道を走って行きます。
f:id:rosa23:20160221193618j:image
道がガタガタでお尻が痛くなる。


f:id:rosa23:20160221193657j:image
後ろに見えるリカンカブール山が綺麗。

f:id:rosa23:20160221212638j:image
こんな洞窟を歩いたり。
懐中電灯がないと真っ暗なところも。

f:id:rosa23:20160221212547j:image
岩の間を登るとゴツゴツした不思議な光景。

f:id:rosa23:20160221193846j:image
本当に急な坂。
その上砂漠の砂で自転車を押すのも一苦労。

過酷すぎたのと、月の谷から夕日を眺めたかったので1番奥のトレス・マリアスは断念。。


途中で仲間の自転車が壊れるアクシデント。
タイヤを直してくれたり、空気入れを持っていないか聞いて回ってくれたり、トランクの奥から車用の空気入れを引っ張り出してきてくれたおじちゃんたち…。
家族で夕日を見に来て、夕暮れが迫ってるのに一生懸命助けてくれました。


f:id:rosa23:20160221194351j:image
砂漠の上に登って無事夕日を見ることができました。

f:id:rosa23:20160221211600j:image
夕日が沈んだあとは空がピンクに。
帰り道はひたすら下り坂でめちゃくちゃ早い。

日が長いので22時頃にやっと真っ暗になる。
少し雲があったのが残念だったけど、細かい星までたくさん見えました‼︎

☆2日連続でランチしたレストラン
〈EL HUERTO〉
安くて良さそうなお店を探している時に見つけました。
サン・ペドロ教会の前からGustavo le Poije通りを進みTocopilla通りを越えたところ。
f:id:rosa23:20160222023432j:image
お肉とサラダ、ライス、パン付で2500チリペソ(約¥400)
南米はチキンが多くて初の豚肉。

f:id:rosa23:20160222023903j:image
Cazuela de vacuno。
チリの名物、牛肉の煮込みスープ。
サラダ、パン付きで2500チリペソ(約¥400)。

応援ありがとうございます‼︎
ランキング参加中です☆
良かったらクリックしていってください!
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村